policy

見守る保育

子ども一人一人の気持ちを受容しながら接することを大切にするかかわりや、子ども達が自ら遊びを展開する環境を用意し、子ども達が園で安心して生活できるようにすることで、生きていくための力をつけていくことを目指す。(自分自身を認めてくれているということが、自己肯定感につながっていく。)

1)主体性を育てる・・・・・・・・・・・・・自分で考え、自分で行動する力
2)落ち着き・集中する力・・・・・・・・・・話を聴ける子ども
3)コミュニケーション能力を育てる・・・・・良い人間関係を作る力
4)社会性・協調性・・・・・・・・・・・・・ルールや約束を自らまもっていく力
5)忍耐力を育てる・・・・・・・・・・・・・失敗してもあきらめないで、最後までやりとげる力

家庭や地域との信頼関係

家庭や地域社会との連携を図り、お互いの立場を理解した信頼関係を築き、良好的な協力体制を整えることにより、家庭と園で子育ての相互補完を行う。(家庭や地域との信頼関係は園の運営において非常に重要と考えています。そのためにはお子さんのことだけでなく保護者にも寄り添うことができる園でありたいと思います。その信頼関係があればこそ本音で子育てについて伝えあえる関係になれると考えています。)地域の中のこども園を目指します。園に通っている方はもちろん近隣地域で子育て等に悩んでいらっしゃる方々の相談や不安にも積極的に応じ適切な助言や必要な助力が、確実に与えられるよう配慮する。(こども園は公的資本が投入された地域の社会資源であると考えています。子育ての悩み相談や助言はもちろん、地域の問題等にも答えていける、地域の中のこども園を目指します。)

お子さんの発達や子育てに関する相談

お子さんの発達や子育てで悩んでいる場合は、お気軽にご相談ください。ことばの遅れや気になるお子さんの行動等、おひとりで悩まないで園の職員に相談してみませんか? 子育ては一人ではできないものです。教育・保育を行っている専門性から私達にも、お伝え出来る事があると思います。お子さんの様子で気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。電話・メールで連絡頂ければと思います。 また、当園で解決しきれない場合は、江別市の発達支援センターとも連携しますので ご安心下さい。
【 連絡先 】電 話:011-382-2285  メール:midori-hoikuen@asahinet.jp

あすかの森認定こども園のとりくみ

たくさんのとりくみの中から、少しだけ紹介いたします。

園庭遊び

平らな園庭は必要ないとの思いから、園庭作りを行いました。この園庭では子ども達は水は自由に使えます。また大人から指示や規制は受けません。においのある草花や色の出る花での遊びや、大好きな虫探し。子ども達の大好きな園庭です。

お昼ごはん

全クラス完全給食です。園でのお昼ごはんは和食で、おやつはおにぎりです。アレルギーのお子さんもみんなと同じ食事ができるよう小麦・乳・卵は使っていません。牛乳を出さない代わりに、園で米麹の甘酒を作っています。

子どもが自ら選んで遊べる環境

園では0歳児から自ら子ども自身が遊びを選べる環境を用意しています。子どもは一人一人感性も個性も違います。そのためたくさんの遊びの環境を用意しています。好きな遊びは一人一人違いますもんね。大きくなった時、自分で考えて行動できる人に育ってほしい思いからこのような取り組みをしています。

縦割り保育

園では幼児クラスになると異年齢縦割り保育を行っています。縦割り保育のメリットは下の年齢のお子さんは年上の子ども達から刺激を受けます。また年上の子ども達は下の子のお世話をすることで、優しさやリーダー的な役割を担うことが出来ます。でも一番大きなメリットは、同年齢で力を発揮できない子が下の子がいることにより自分の居場所や役割を見つけて自信を持つことが出来る事です。自分に自信がもてることが大きくなって生きていくうえで最大のメリットになると思います。

見守り受容的な大人の関わり

大人の指示や命令が頻繁に行われていると、子ども達は大人の顔色を窺うようになります。だからといって子どもが自由に何でも行ってしまうのは、主体性ではなく放任です。大人だけが決めることもなく子ども達と話し合いながらルール等をきめていけたらと考えています。子ども達にも言い分や理由が必ずあります。子ども達の行動を否定的に見ない様大人たちが対応できればと思っています。

さをり織り

園では年長さんはお昼寝をしないので、その時間は年長だけの横の年齢で通称「ひみつの部屋」で過ごします。そこに置いてあるのが年長のみが行える、さをり織です。縦糸は大人がはりますが、横糸は子ども達が好きな糸を自分で選び、織り始めます。また織物の工程で間違っていても大人は口を出しません。さをり織は布を織るのではなく、自分を織ると言われます。そんなさをり織りが子ども達は大好きです。